溝で死ぬ『年年歳歳』

ファン・ジョンウンの『年年歳歳』を読んでいるとこんな箇所がありました。

汚い溝の水を飲み、そうしてそこで死ぬだろう。
ハ・ミヨンがこう言った夜のことを、ハン・セジンは覚えている(略)。溝の水を飲み、そうしてそこで死ぬだろう。ヴァージニア・ウルフの本で読んだ文章だと、完全にその通りではないけど、少なくともそんな語感で、それを読んでからそのことをしょっちゅう考えるとハ・ミヨンはハン・セジンに言った。

ファン・ジョンウン『年年歳歳』斎藤真理子訳 河出書房新社

 

『波』のスーザンの言葉ですね。わたしも朗読でこの文章を聞くたび、寝ていてもぎょっとして起き直ってしまうので、好きな韓国作家もこのくだりに強い印象を持って覚えているのが嬉しかった。

手元の『波』の日本語訳を見ると

木の実を食べ、やぶをかきわけて鳥のたまごを探すから、髪はもつれてくしゃくしゃになるし、垣根の下で眠って、沢の水を飲んで、そこで死ぬのよ。

ヴァージニア ウルフ『波』森山恵訳 早川書房

 

「汚い水」じゃなかった。でも確か水は濁ってた記憶が自分にもあるので、Project Gutenberg AustraliaのThe Wavesでditcheを検索してみると


I shall eat nuts and peer for eggs through the brambles and my hair will be matted and I shall sleep under hedges and drink water from ditches and die there.
The Waves by Virginia Woolf

そしてそのすぐ次のページに

'I saw her kiss him,' said Susan. 'I looked between the leaves and saw her. She danced in flecked with diamonds light as dust. And I am squat, Bernard, I am short. I have eyes that look close to the ground and see insects in the grass. The yellow warmth in my side turned to stone when I saw Jinny kiss Louis. I shall eat grass and die in a ditch in the brown water where dead leaves have rotted.'

 

がありました。ハ・ミヨンが覚えていたのは2回目のほうだったようです。

ここの日本語訳は

わたしはこれから草を食べて、溝に倒れて死ぬわ。落葉が腐って茶色くにごる水のなかで

ヴァージニア ウルフ『波』森山恵訳 早川書房

1回目より2回目がエスカレートしている・・・がんばれスーザン。

スーザンが溝で死ぬと脅す部分は何度も朗読で聞いています。寝落ちしてしまって何度も最初から聞き直しているので、もうかれこれ半年くらいは聞いていますがまだ幼年時代です。それでも本で読むとさらにすぐ寝てしまうので朗読はありがたい。

 

年年歳歳』はとても良い小説で翻訳も素晴らしく、この作家に出会えてよかったなあと思える本でした。装丁も美しい。

 

ゴールデンカムイとカラマーゾフの兄弟

(漫画『ゴールデンカムイ』のネタバレがあるのでご注意ください)

ゴールデンカムイ』を最終話まで一気読みしたあと何日も苦しみました。

何を苦悩していたか思い出してみると
・月島はなぜ鶴見に裏切られてはまた信じ、さらに裏切られてどん底に落とされるのか?
・月島の性格設定が分からない。温厚そうに見えるのに過去に衝動殺人を行っていたとは?
・尾形が怖い。無口かと思ってたら突然一人でペラペラ喋りだすし、おしゃべりの内容が独善的すぎてまったく理解できない。
・尾形は私生児なのにどうして父や異母弟と同じ師団に所属しているのか、そしてなぜ誰もが彼が師団長が愛人に産ませた子と知っているのか?(普通隠すのでは)
・鶴見のお気に入り4人の中に父殺し犯が2人いるが、比率が高すぎない?

おもに月島と尾形の設定が謎すぎて悩んでいたのです。
夜も眠れなくなり、どうして他のグループ(新選組とか)と比べて鶴見チームだけ日本人ばなれした苦悩の中に生きているの?何なの宗教なの?ロシア文学なの!?と半ギレになったところで

あ、これがカラマーゾフの兄弟

と答えが降りてきました。

以前「ゴールデンカムイカラマーゾフの兄弟を下敷きにしているらしい」とネットで見て、へえ、どういう漫画なのかなと興味を持ったことも思い出しました。

どのサイトのどういう文脈で読んだ文章か忘れてしまいましたが、そのさりげない一文のおかげで私の悩みは雲散霧消し、すっきりと朝を迎えることができました。どこのどなたとも存じ上げぬ書き込み主のお方、ご恩は忘れません。

カラマーゾフの兄弟』だと気づいたら多くの疑問がさーーーっと解けて爽快でした。
もし終盤の展開が不可解すぎて世界が終わった気持ちになっている方がいたら、ドストエフスキーだから仕方ないと思って読むと気分がラクになるかも知れません。

いい機会なので『カラマーゾフの兄弟』読み直したい。でも手元に本がないので、とりあえずオーディブルThe Brothers Karamazov [Naxos AudioBooks Edition]を聞いています。朗読のConstantine Gregoryさんはお母さんがロシア人なのですね。とても聞き取りやすいが、ちょっとハードボイルドクライムサスペンスっぽい雰囲気の朗読。

 



By: Constance Garnett - translator, Fyodor Dostoevsky
Narrated by: Constantine Gregory
Length: 37 hrs and 4 mins

ゴールデンカムイ全話無料公開でタダより怖いものはないと思い知った話

(漫画「ゴールデンカムイ」のネタバレがあるのでご注意ください。無意味に長文です)

このブログ誰も読んでないからいいやと思って好き勝手に書いてるのですが、ときどきびっくりするほどアクセスがあります。もし読みたくもなかったのに誤ってこの記事を読んでしまった方は今日の運勢は大吉とわたしのシラッキカムイが言っています。

ゴールデンカムイ」が完結するので集英社がアプリで全話無料公開をしていました。太っ腹。
アプリをダウンロードするのが面倒だ、それにスマホで読むと絵が小さいと思っていたらサイトでも見れることに気づき、無料公開数日前に滑り込みで読み終わりました。

途中から身分は低くて顔も地味だけど実直で有能なベテラン軍曹を気に入ってしまい、どうか死なないでほしいと思いながら読み進めました。
いやしかしめっちゃ死にそうこの軍曹、なんで自分からわざわざ危ないところへ飛び込んでいくの?

(もう一度いいますが、ここから本当にネタバレします)

と心配していたところ、ただのアホなお坊ちゃんとしか認識していなかった顔の良い少尉がめきめきと成長してなにかと軍曹をかばって窮地を救ってやり、最後は副題通りの大団円。
こんなギリギリからハッピーエンドにもっていくって作者はすごい力量。

 

と、ここまでは良かったんですよね、すごく幸せな読後感で、最高だったなあ。

 

公開終了まであと数日あるので、よく理解できなかった部分をもう一度確認しておこうと軽い気持ちで二周目へ。

そしたらですよ・・・理由はまったく分からないがいきなり鶴見中尉の魅力に落ちてしまい、あ、これは後半がすごく危険なのでは、どうしようどうしようどうしよう・・・ああ無限列車が暴走していく・・・
一周目が終わったときはニコニコ幸せだったのに、二周目のラストを読んだ後は地獄から帰ってきた気分。

入ったときには鯉月だったのに、出てきたら鶴月になっていた。人生にこんな恐ろしいことってある?


「無料公開ラッキー」と軽い気持ちで踏み込んだら恐ろしい目にあってしまったという話でした。たぶん短期間に大量に摂取しすぎたのが悪かったのでしょう。

でもこんなニワカ(3日にわか)でもこれほど苦しいのに、何年も見守ってこられた鶴月の民はどうやって生き延びているのか。みなさん美味しいものを食べて温泉にでもつかって自分を大切にしてくださいね。

 

いま聞いてるBBCのラジオドラマ 2022.5.1

■Macbeth

デイヴィッド・テナントマクベスを演じるラジオドラマ。非ネイティブに厳しいスコットランド訛り版。
テナントの声が若いせいで、マクベス夫妻がイケイケのパワーカップルっぽく、タワマンでも買おうとしてるのかなと思っちゃう。
後半はパリピ感は影をひそめ、たっぷり悲劇を楽しめます。

 

Macbeth
David Tennant makes his first ever venture into playing the tyrannical Scottish King.

www.bbc.co.uk

 

Doctor Who: Redacted
一般人のポッドキャストにドクターがコンタクトしてくるという内容だと思うのですが、みんな普通のポッドキャストのような早口なのでぜんぜん聞き取れない。
ドクター・フーのテーマがピアノだけで流れるのが、とても静かできれい。

Do you remember the Doctor? Ten-part drama starring Charlie Craggs, with Jodie Whittaker.

www.bbc.co.uk

 

■Make Death Love Me: Antony and Cleopatra Re-Imagined

アッジョア・アンドーがクレオパトラ役。熟年カップルの恋の悲劇。


Neil Bartlett reimagines Shakespeare's classic war drama “Antony and Cleopatra” as a dysfunctional love story between an ageing black empress and a failing elderly white military hero, burning themselves out as they ransack the world for survival. Facing escalating intervention by a belligerent super-power, their destructive, mutual obsession writes itself indelibly into history. With strong parallels with the Russian invasion of Ukraine, this classic drama has chilling relevance and resonance again today.

Cleopatra’s court is very much an Egyptian court, with stellar performances from Adjoa Andoh (Lady Danbury in Bridgerton) as Cleopatra, and Tim McInnerny as the failing Antony.

 

www.bbc.co.uk 

「サンドマン」オーディオドラマ2 EP1 プロローグ

去年の9月に配信されてからだいぶ時間が経ってしまった。
コミックを参照しながらもういちど聞いてみようと思います。

The Sandman: Act IIはコミックのvol.4をもとに製作されています。
最初のエピソードは「霧の季節」のプロローグ。Season of Mistsのmistsはなぜ複数形なのか。

プロローグはかなりの部分がニール・ゲイマンのナレーションで進みます。
デスティニーの庭。デスティニーが運命の書を持って庭をぐるぐる散歩している。本は鎖で手首に繋がれている。
そこへ三位一体の女神ヘカテーが現れる。ヘカテーは「最後の戦いが始まるよー」と予告して去る。
いつも言うだけ言っていなくなってしまうヘカテさんたち。今回はデスティニーのカラーに合わせたのか全員灰色で地味でした。手には鎖か紐まで持ってた。

デスティニーは本を読んで、いま起きたことが書かれているのを確認し、これから何をすべきか悟る。
家族会議を開くのだ。

え、ホームドラマなの?
と意表をつかれているうちにデスティニーはギャラリーできょうだいたちを呼び出します。
最初に来たのはデス。破れたTシャツとジーンズで、格式ばったことが好きなデスティニーは気に入らない。
デスは「scytheを持てとか言い出すんじゃない」と文句を言いながらゴスロリっぽいドレスにチェンジ。
scytheって何かと調べてみたら「大鎌」でした。デスはいかにも死神って恰好は嫌いなんですね。

次に来たのはドリーム。18世紀のイングランドのハイウェイマン(馬車強盗)のような装束。三角帽子までかぶってる。

そのあとデザイアとデスペアが現れ、最後に野原で楽しそうにしてる少女の肖像の前へみんなで移動。
絵画から抜け出てきたデリリウムは、絵とはまったく似ていないレオタードと網タイツ姿の若い女、支離滅裂な話をする。
デリリウムは昔はデライトだったのだが、何か事件があって惑乱の王女になってしまったらしい。

ここでニール・ゲイマンによるジ・エンドレスたちの描写。コミックでは数ページ文字だけが続く変わった構成です。
それぞれの特徴的な匂いの説明があるので面白い。
デスひとりだけ「そして死があった」と一言で終わり、説明できないってことでしょうか。

デスティニーは庭でヘカテーに会ったことを告げる。
デザイアが「triodits?」と言う意味が分からない。ギリシャ神話で三位一体の女神を指すと思われるが、単語が難しすぎるこの作品。

デスティニーは「何かが起こると知ったのだ」ともったいぶっています。で、何が起こるの?と聞かれると
「この家族会議だ」

ジ・エンドレスたちが全員集まる必要があったらしい。もう集まったからいいだろうと帰ろうとするドリーム、引き留めるデスティニー。
無理に世間話をしようと努めるうち、デザイアに「兄ちゃん最近はガールフレンドを殺してるの」などと古傷をかきむしられ怒ったドリームはバルコニーへ出て行ってしまう。

デスがなだめに行くが「自分は本当にナダを愛していたんだでも彼女が女神にしてやろうとしてるのに断ったから地獄へ落した」などと相変わらず反省のないドリームにキレるデス。
デスに怒られて自分の身勝手さに気づいたドリームは、地獄へ行ってルシファーと対決し、ナダを救出しようと決心する。

何百年も地獄へ落して放置してたわりに、決心すると行動が早い。
ドリームはすっきりした表情で去っていきました。

家族会議がきょうだい喧嘩を引き起こし、モーフィアスが地獄下りを決断するというデスティニーの目論見どおりの展開となりました。
次回からいよいよ地獄でルシファーと対峙するドリーム、ナダを取り戻すことはできるのでしょうか。



The Sandman: Act II
Episode 1: Season of Mists - Prologue
31:22

『ケスリス』のためにOpen Libraryに登録してみた

『色褪せた太陽』三部作の英語の電子版は間違いが多いというレビューを読んで不安になり、他の電子書籍商で別のバージョンを売っていないのかと検索してみました。
残念ながら出版社はDAWだけらしく、どの書店で買っても同じ内容のようです。

せめて合本ではなく一冊ずつ買えないかとも思いましたが、三冊セットしか売ってない。

 

しかし、探しているうちにOpen Libraryというインターネット公共図書館?のようなところで借りられるらしいという情報に当たりました。
Open Libraryってなんだかよく分からないけど青空文庫みたいなものかな?
とりあえず登録してみました。メールアドレスだけで登録できます。本名や住所、クレジットカード番号などは不要。


The Faded Sun Trilogyで検索してみた結果

 

f:id:stormlander:20220416222623p:plain



Borrowのボタンを押すとその場で読めます。

 

が、ご覧のとおり紙の本をスキャンしただけなのですね。これを数百ページもパソコン画面で読むのはけっこう辛い。(いや苦労してスキャンしてくれた人には感謝しているのですが)

 

f:id:stormlander:20220416222645p:plain

f:id:stormlander:20220416222759p:plain




しかも借りられるのは1時間だけ。超速読が要求されます。

14日というオプションもあるようですが、どこで変更できるか分からなかった。

Borrowの隣のヘッドホンのアイコンは何だろうと思ってクリックしてみたら、AIが読み上げてくれました。便利です。
でもこれも1時間レンタルなので、あまり進まなさそう。

読み上げ言語は英語ですが、「ジャパニーズ」という選択肢があって、「日本語訛りの英語」で読み上げてくれます。確かに日本人には分かりやすいが・・・需要あるのだろうか。他にも各種言語の訛りの英語が選べます。


Open Libraryはありがたいサービスですが、自分の読書スピードとモニターでは厳しいので、諦めてキンドルで買うことにしました。出版社がミスに気づいて修正してくれてるといいなあ。

 

『色褪せた太陽』三部作が絶賛絶版中

アーカディ・マーティーンの『帝国という名の記憶』のハヤカワ文庫解説がとても良く、お役立ち情報満載でした。
『帝国という名の記憶』はC.J.チェリイの『色褪せた太陽』シリーズの影響を受けていて、アーカディ・マーティーンだけでなくアン・レッキーやユーン・ハ・リーもC.J.チェリイの影響下にあるそうです。

なんと、自分の大好きな作家が全員C.J.チェリイ組とは。
たしか『色褪せた太陽』三部作は持っていたはず、と蔵書を探してみましたが、持っていたのは『アラン史略』三部作でした。

『ケスリス』は読んだ気がするが、ちゃんと読み直したいと思ったものの邦訳はとっくに絶版。
近所の図書館も蔵書なし。

頼みのキンドル洋書はThe Faded Sun Trilogy Omnibusの三冊セットで880円と破格のお値段。
しかしレビューを見ると、電子版は間違いが多いとあり、買うのをためらってしまいます。自分の英語力では版元のミスか自分の読解力不足か判断できないと思う。

こんなにも21世紀にも各方面に影響のある本が絶版なのは悲しい。女性作家はめったに再販も電子化もされない気がしてよけい悲しい。

f:id:stormlander:20220416220239p:plain


この表紙で880円。お得すぎる。